開院した理由 A Profile of style-shin-itami

院長プロフィール

名前 西村 隆志
出身地 伊丹市
居住地 大阪市阿倍野区
整骨院勤務で東大阪、
貝塚市、東住吉区に住んでました。
生年月日 1976年4月10日
血液型 O型
家族構成 妻、息子(9歳)、娘(6歳)の4人家族
彼、彼女の誕生によって大きく変わりました。 価値や希望を見出せるようになりました
資格 柔道整復師 鍼灸師 健康運動実践指導者
機能回復訓練指導員(デイサービス)
サッカー4級審判員(JFA公認)
趣味 子供と公園で遊ぶ、人間観察、読書
サッカー(観るのも好きです。)
銭湯(週に一度は銭湯でくつろぐようにしてます。)
性格 まじめ、おだやかって人から言われます。
好きな名言 最も強い者が生き残るのではなく
最も賢い者が生き延びるものではない
唯一生き残ることができるのは
変化できる者である。
(チャールズ・ダーヴィン)
経歴 ・伊丹市立笹原小学校
・大阪体育大学付属中学校
・大阪体育大学浪商高校
・大阪ハイテクノロジー専門学校 スポーツ科学科
・関西医療学園専門学校 柔道整復師科
・森ノ宮医療学園専門学校 鍼灸科
・大阪市平野区で整骨院を独立開院 H19年~H24年
・H24年4月より伊丹で開院

私が開院した理由

腰痛・ヘルニア・・・治療家を目指したきっかけ

私が治療家を目指すようになったきっかけは、まず「自分の体を治すため」でした。というのも、高校時代に陸上をしていたのですが、ヘルニア・腰椎すべり症などで苦しみ、整骨院・カイロ・ 鍼灸・マッサージなどを受けましたが改善されずに苦しんだからです。

23歳の頃から柔道整復師の学校に通い、3年経ち国家資格に無事合格。その後、鍼灸師の資格を取得しました。しかし、治療業界に入り愕然としたのは「治す施術法」が実際には、ほとんどなかったことです。

「慰安的なマッサージ」や「流行のテクニック」をいくらやっても、患者さんはもとより、自分の体すら治りません。「治療家の道は間違っていたのか・・・」私は年々、自信を失っていきました。そんな時出合ったのが今の治療法です。


祖母の寝たきり

私は「寝たきりを減らす」ことを理念として活動しています。その理由は、産まれた時から同居していた祖母が5年間寝たきりだったからです。

その時代は、鍼灸マッサージ、ほねつぎの手当てはできましたが、体を癒すことはできましたが・・・動けない状態でした。体重も痩せ(30kgあったかどうか・・・)、声も小さくなり、元気で堂々としていた祖母が、「動けなかったら・・・生きててもしかたない」会うたびに必ずそう言ってきました。

あの時、もし今の療方をしていたら、もっと笑えたかもしれません。少しでも早く元の生活を送れるようにしてあげたい!なんとか、その人の家族と笑って生活を続けて欲しい!そう想い、日々施術を勉強しています。


父の病気

私は息子が産まれた2か月後に、大阪平野区で整骨院を開業しました。しかし、私の心の中ではいつも両親が気になり、いつかは実家である伊丹に戻ろうという思いがありました。でもそれはまだまだ先のこと。そう思い日々を過ごしていました。

ある日、私は信じられない事を耳にしました。それは、父親が余命半年、長くとも1年半という病院からの宣告でした。即入院。手術もできない状態。

「なんでやねん!アカン!なんとかせなアカン!俺は親孝行一つしてないやん!このままではアカン!」

あせり、ショック、悲しさ、様々な気持ちが胸の中を駆け巡りました。今まで迷惑ばっかりかけてきた。親に感謝の気持ちを伝えたい。でも、どうしたら・・・一番身近で大切な人を治療したい。近くにいたい!帰ろ!少しでも一緒にいる時間を作る!

そんなお父さんも開業して3年3ヶ月。闘病4年でこの世を去りました。目の前でめちゃめちゃ頑張っている姿を体感することができました。

僕は20歳で実家を出ました。帰省するとお父さんはいつも必ず言うコトバが2つありました。「仕事の調子はどうや!」「体の調子どうや!」と、毎回聞いてくるんです。

僕も初めは愛想のない返事をしていました。お父さんは、膵臓ガンでしんどい時にも、声が出ない時でも、「仕事の調子はどうや!」「体の調子どうや!」と聞いてきました。

体の調子って、自分が1番しんどいはずなのに。僕の事なんか、ほっといてええのに。心配せんでええのに、いつも聞いてくるんです。そのたびに胸がしめつけられました。そして本当に心配してくれてたことに気づきました。

お父さん、ありがとう!僕の目標であり、道標のお父さん。お父さんの言霊を一人でも多くの患者さんに伝えていくからね。安心しといてや!両親に育てられた伊丹の地で!

西村先生ってどんな先生?

あくまで患者さんからの『喜びの声』から抜粋したものなので、写真を見ると怖そう(笑)って思う方は、読んでいただけたら幸いです!!

人当たりが良くて、何事にも親身なって答えてくださり、ありがたいです。
60代 男性
先生の熱心な施術、穏やかな話しぶりと丁寧な説明がとても信頼できます。
80代 女性
先生のお人柄がよくて、ついついおしゃべりしてしまい、リラックスしています。
70代 女性
先生が赤ちゃんのお宮参りまでに治しますと言ってくれたので信じて頑張れました。
30代 女性
先生は優しく勉強熱心ですので、あきらめず治療を受けられることをお勧めします。
20代 女性
施術に対し、何かを尋ねても穏やかに答えてくださり、安心して任せることができます。
50代 女性
先生からいろいろとアドバイスをいただき、毎日実行していますので、足のむくみや血行が良くなりました。
80代 女性
先生は集中して施術されていますが、質問や声掛けに優しく親切に答えていただき安心できます。
70代 女性
私が聞きたいことに親切に答えてくださり、嬉しいです。無理をしないで頑張りましょうという言葉が励みになっています。
70代 女性
シンプルな説明をしてもらえるので、自分の体の現状を理解しやすいです。
40代 男性
患者さんの思いは個々に違いますが、先生が一言一言わかるようにお話してくださいますので、本当に癒やされますし、安心感を持って通院できます。
70代 女性
とても穏やかに西村先生が迎えてくださり、また親切丁寧に体のゆがみの重大さを改めて感じました。
40代 女性
先生は話を傾聴し、受容してくださる。男性の先生ではありますが、私はなんでも相談できるので嬉しく思います。
30代 女性
画一的な療法ではなく、歪みに対して治療をしていただいていることに対して、先生はよく勉強されて考えながらしてくださっていると感じています。ありがとうございます。
70代 女性
優しく、また諭すように治療してくださることに心から感謝しております。
70代 女性

西村の氣持ち

どうか、カラダを大切にしてください。カラダは、あなただけのものではないのです。あなたのカラダが悪くなり病気になれば、周りの人は心配します。あなたが倒れたら、その分誰かが負担しなければいけません。

お母さんのカラダが悪く、いつもイライラすると、お父さんも子供もかわいそうです。
お父さんのカラダが悪くなれば、家族を養えなくなるかもしれません。
おじいちゃん、おばあちゃんが動けなくなれば子供に面倒をみてもらうことになります。
妊婦さんのカラダがゆがんでいたら、赤ちゃんは苦しいです。
あなたがカラダを悪くして仕事を休めば、仲間に迷惑がかかります。

あなたのカラダは、あなた一人のものではないのです。
どうか、カラダを大事にしてください。

あなたが健康で、幸せなカラダを手に入れると、周りの人もうれしくて幸せになるのです。あなたの健康でハツラツとした姿は、皆のよろこびです。あなたの笑顔を、皆が望んでいます。

自分のために、周りのために、カラダを大切にしてください。大切にしてあげれば、きっと、カラダはよみがえります。カラダを本気で良くしようと、心に誓ってください。あなたのカラダを良くする力は、あなたの中にしかないのです。

私はその力をサポートすることしかできません。しかし、あなたのカラダに眠っている力を本気で信じています。どうか、カラダを信じてあげてください。そして、カラダを大事にしてあげてください。

これが、私の心からのお願いです。

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る